対馬アートファンタジア  概要

浅茅湾
烏帽子岳(えぼしだけ)から見下ろした浅茅湾(あそうわん)の入江
対馬アートファンタジアは、価値観の異なる人たちがそれぞれの固有性を超えて出会う場所であった対馬において、対馬の人たちと日本、韓国をはじめとする各国のアーティストたちが協働で開催する芸術祭であり、国境の地・対馬において、脈々と承継されてきた文化交流を、現代アートを介してリバイバルしようするものです。

中世以前の対馬には、海を渡り世界と活発に交流する「海民性」を備えた人々が暮らしていました。彼らは国家に縛られることなく、個人として海を行き交い対馬を形成してきたと言えます。本プロジェクトは、その対馬という地勢のアイデンティティを生かし、様々な国のアーティストが参加することで展開してきました。

対馬を訪れ、アーティストと対馬の出会いにより生まれた異彩を放つ芸術作品と、対馬の豊かで濃密な自然・文化・歴史を是非ご体感ください。みなさまのご来場をお待ちしております。

7月下旬に行われる地蔵盆 毎年夏に開催される朝鮮通信使再現行列 万松院(対馬藩主宗家墓所) 明治時代に建設された戦争遺構 姫神山砲台跡 木坂の藻小屋 対馬の固有種 ツシマヤマネコ 対馬のゲンジボタル 対馬の霊峰 白嶽 韓国人観光客でに賑わう旧金石城庭園 漁火に照らされた対馬の海 内山地区の原生林の中にある天道神社(裏八丁ともいう) 日本で最初に仏教の経典が届いた場所と言われる小船越(西漕手) 和多都美神社の鳥居 ヤクマの塔